南山焼ブログ 日々徒然日々の暮らしの中で、みつけたこと、感じたこと、季節の移ろいや、子育てのひとこまなどを、徒然に・・・

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
    窯出し、します! 00:33
    0
       火を止めて、ちょうど一週間・・・いろいろ、ありましたが、今日、窯出し、します。
      出来映えは?色は?ドキドキです。朝10時ごろの予定・・・。
      お近くの方、ぜひ、おいでください・・・!
      | あな窯日記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by nanzan - -
      そして5日目の朝・・・ 13:17
      0

        0410.gif 
        そして、五日目の朝、トラノオの花も咲いて、いよいよクライマックス!
        トラノオ.gif
        温度は順調に上がり、二日目夜半から1200〜1240℃をキープ。
        安定した炎が、バリバリと、音を立てて、あっという間におおきな薪を飲み込んでいきます。
        焚き口1.gif
         窯の上の「火の見」の穴から噴き出す炎。
         轟々と音と、煙も噴き出しています。
        火の見.gif
        最終日、助っ人を買って出てくれたディビットさん。合気道を教えています。
        日本の文化に明るいのは知っていたけれど、薪の入れ方も心得ていてびっくり。
        先生とも息の合ったチームプレイで、最後の仕上げ、『攻め』に入ります。
        攻めだき.gif
        中の様子を最終確認。いよいよフィニッシュへ。
        先生.gif
        できる限り、入る限りの薪を投入。
        ラスト2.gif
        灼熱地獄。滴る汗、汗、汗・・・・!
        ラスト.gif
        窯の後ろ、煙突からも『ゴ―――――』という激しい音とともに真っ赤な火柱がたち
        火柱.gif

        窯の中の炎が酸素をもとめて焚き口から踊り狂ったように噴き出す瞬間。
        炎.gif
        そして、最後のレンガでふたをして、
        最後のレンガ.gif

        勝負顔.gif
        静かに黙り込む炎・・・
        しずかになる.gif
        夜はしらじらと明けて行き…
        明け空.gif
        見上げると『お疲れさん、』と言っているような二羽の鳥たち。
        お疲れ様.gif
        そして迎える閑かな朝・・・・。
        青空.gif
        窯出しの日を静かに待ちます。

        | あな窯日記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by nanzan - -
        火入れ 12:50
        0

           6月10日、窯詰め終えたところ。いい作品が焼けますように。
          作品3.gif

          作品.gif

          作品2.gif
          さあ、火が入ります。
          火入れ3.gif
          はじめ、ちょろちょろ・・・・、
          火入れ1.gif
          ゆっくり、ゆっくりと温度を上げてゆきます。
          火入れ2.gif
          窯場の裏にトラノオのつぼみ・・・・。
          トラノオ2.gif
          これから5日間、24時間休むことなく、薪をいれ続けます。

          過酷な作業、でも、わくわくする作業です。

          | あな窯日記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by nanzan - -
          窯出し風景 00:45
          0
            ちょっと時間をさかのぼる形となりますが、松山へ出発直前に窯出しをしたときの風景です。高島屋の展示と較べて見て頂くと、こんなところにあったのが、こんな風に焼けるのか・・・と判っておもしろいかもしれません。






                            上の写真の筒花生。先生のお気に入りに椿を入れてみました。

                  こちらは焼いた直後に引き出したもの・・・写真よりも実物は、グリーンが鮮やかでとても深みのある色です。

                            私のお気に入り・・・・役に立たないモノ・シリーズ、うさぎがいっぱい

                               うさぎ&ニンジンです。

                                ねずみの嫁入り・・・・

                               こちらは、ねことねずみ・・・!
            | あな窯日記 | comments(1) | trackbacks(0) | posted by nanzan - -
            窯焚き日誌、番外編2 06:35
            0
              今回の窯でもいろんな助っ人に助けていただきました。徹夜第一夜を担当してくれたのは、千葉から来てくれた関くん、その名も『てつや』。船橋の東武百貨店の陶器売場で担当してくれたのが縁で、もう南山焼とは15年のお付合い。その間、柏崎の米山窯、石打の南龍窯、そして今回の蓬莱窯と、もう何度も窯焚きの手伝いに駆けつけてくれています。

                その関君のところにも一人息子のはやとくんが生まれ、親子二代で来てくれました。はやとくんは、我が家のスーパー次女、スーちゃんと同じ三歳、、こうしてみると、兄弟みたいね。

                   先生の作った三段構えのデッキテラスがお気に入りで、『ヤッホー』と嬉しそうに上ったり降りたり・・・
                   それを見て先生も、もっと嬉しそうにニンマリしていました。


                             二人は穴掘りに夢中、聞けば『化石の発掘調査』なのだそうだ。

                             ちからをあわせて、共同作業は続く・・・

                          そして一仕事終えたあとはお外で昼ごはん。はたらいたあとは『ああ、おいしいね』

                            のどもかわいたよ、グビグビ、、『ああ、おいしい〜〜〜』

                                先生は薪を割りながら、ほほえましくそんな様子を見ていました。
              | あな窯日記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by nanzan - -
              窯焚き日誌 番外編 23:59
              0
                     今回の窯焚きでは妹のスー太郎が大活躍。大好きな『日野のおじちゃん』の秘蔵っ子振りを発揮・・・、

                                      火のそばだってコワくない♪♪将来有望??
                   
                                       動きもすばやく、いそがしく♪
                             

                                         せーみやさんのお手伝い♪、ハイドーゾ


                                       働き者の顔で〜〜すイヒヒ


                                      大活躍のスーちゃんでした〜ジョギング















                | あな窯日記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by nanzan - -
                窯焚き4日目 16:14
                0
                                 今日でまる三日と半日。温度の上がりは順調です。
                                 だいぶ熾きがたまっているようだねえ・・・、掻き出しましょうか?そうですねえ・・

                       特製の火掻き棒で真っ赤な熾きを掻き出す日野さん。窯の中は1200度前後、焚口の前は灼熱の地獄です・・・・

                               真っ赤になった熾き火。この傍に近寄るだけでも猛烈に熱い・・・。


                                  さあ一仕事終えて、炎の男たちはお昼の乾杯!

                                  この日はたくさんの差入れがあって、立食(ビュッフェ)スタイル・・・・

                                   「俺の作ったたくあんは、最高だよ!」

                                 成田から来た助っ人の清宮さんは、食事の間も窯の前から離れません・・・・

                                    清宮さん、誰かに似てる・・・・!そうだ、クリント・イーストウッド!

                           今日のお昼は、お赤飯と、お煮しめ。足利の藤倉さんの差入れです。奥さんのお手製・・・おいしそう!

                         こちらの鍋は、佐野の高橋さん作、特製キムチ鍋。こだわりの材料は、キムチを作るためのイカの塩辛まで手作りの懲りよう。身体も温まり元気が湧く一品です。
                   
                  | あな窯日記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by nanzan - -
                  春の訪れ・・・火入れしました!! 23:09
                  0
                    ようやく春めいて、野上の里にも初の気配が感じられるようになりました。日に日に夜明けは早くなって、きもちのよい目覚めとともに今朝は、穴窯の火入れの日。準備にずっと尽力いただいた日野さんと神聖な面持で、いよいよ点火・・・。

                        この日までコツコツ二人で薪を割り、作品を作り、準備にかかった日々の重みが胸に甦ります。

                                     どうか、いい作品が焼けますように・・・。

                                     あとは火の神様に祈るだけです。

                             無事に火の着いたのをみて一瞬ほっとしながら、外に出てみると、ちょうど日の出の瞬間でした。

                                  朝日を浴びたテラスはなんとも広々と、素敵な空間に・・・

                                 子ども達の部屋も今朝は春の光を浴びて最高のきもちよさです。

                    朝から、たくさんの人たちが、応援に、差入れにと駆けつけてくれました。思いもよらず皆さんに助けてもらいながら、今回の窯焚きもいよいよスタート・・・・。五昼夜の予定で休むことなく薪が入れられ続けます。近くの方、ぜひ年一回のこのワクワクをご一緒にあじわいませんか?
                           
                             2/28(木)〜3/3(月)の予定で火入れ見学できます。

                            3/8(土曜日)  窯出しを予定しています


                    窯出し新作は、3/12日より愛媛県松山市のいよてつ眦膕阿砲
                    公開の予定!どうぞお楽しみに!
                    | あな窯日記 | comments(5) | trackbacks(0) | posted by nanzan - -
                    窯出しの日! 00:40
                    0
                      窯出しの日、関係者のみんなが続々と駆けつけてくれました。大平焼さんはご自身も薪窯を作る計画中ということもあり、窯の中の焼け具合、灰の掛かり具合を自分の目で確かめに。逸る心を抑えつつ、大口の煉瓦を外します。

                                  作品と対面の瞬間!出来映えはいかに・・・?

                                  窯から運び出された作品は、手作業で一つ一つ洗われて、次第にその姿を現します。

                                     作品を前に、手伝ってくれたみんなと・・・。 







                      | あな窯日記 | comments(1) | trackbacks(0) | posted by nanzan - -
                      焼き上げました! 00:19
                      0
                        4月3日の火入れから5日目の正午、窯は火を落としました。長い長い時間だったような、でも振り返ると、あっという間だったような、なんともいえない心地よい脱力感と達成感の間のふわふわとした気持です。(朦朧としている・・・ともいうのかも)。とにかく多くの人の手を借り、力を貸してもらって、念願の初窯を焚き通す事が出来ました。何はともあれほっとしています。
                         おおよそ、100時間にも及ぶ、過酷な労働を終えて、先生は夕飯もそこそこにバタンキュー。それもそのはず、2〜3時間の仮眠を挟んではいても、ほとんど、気を抜くことなく張りつめていた緊張がようやくほどけたところです。今日はゆっくり休んで、また明日からの鋭気を養ってもらいましょう。


                                       温度計を見ながら、そろそろかな?火止めの刻を計ります。

                                        立ち上る火柱はさらに勢いを増し・・・・

                                        焚き口の炎も一層激しく・・・



                                         慎重に、最後の見極めをします。

                                         そして入るだけの薪を投入。

                                         これでもか、これでもかっ、という勢いで・・・・

                                         もう、これで、一本も入らない、という状態まで投げ続けます。

                                  ゴーっという唸り声を上げながら煙突から噴き出す炎・・・五日間に渡る窯焚きのフィナーレを飾ります。


                         そして焚口を閉めると、すべての穴をモルタルで塞ぎます。(空気を遮断して鎮火).あとは、すべて、窯の神様にお願いしつつ、冷めるのを待つばかりです。およそ一週間後、金曜日に窯出しの予定。何といっても初窯。中の予測はし尽くせません。ただ、ただ、よいものが焼けていますように・・・・・・祈りながらそのときを待ちます。
                        | あな窯日記 | comments(1) | trackbacks(0) | posted by nanzan - -
                        | 1/3 | >>